【補聴器のQ&A】補聴器のお手入れ方法とは

2014.6.6|補聴器選びのよくある質問

このエントリーをはてなブックマークに追加

kansocase

補聴器は薬事法上の「管理医療機器」としての基準があるくらい精密に作られています。

毎日の取り扱いについてしっかり理解して使用する必要があります。

購入するときに、お手入れ方法点検のことまでしっかり聞いておくことが大切です。

 

【補聴器の毎日のお手入れについて】

補聴器を手に入れたら、その日から毎日「身体の一部」として使用します。

一日でも長持ちさせるために、快適に使用するために毎日のお手入れが大切になります。

1.耳に入れる部分には目に見えないくらいの「汗、湿気、耳垢」がつくので、

補聴器にとってはこれらの汚れが大敵になります。

まず使い終わったら、乾いた布やティッシュで汚れをふき取りましょう。

補聴器は、油分や水分に弱いので、ウェットティッシュでは拭いてはいけません。

 

2.音の出る部分などが垢で詰まっていたら、歯ブラシのようなブラシで

お掃除をしておくことが大事です。

 

3.就寝時など、はずして置いておくときは、湿気を取るために「乾燥ケース」に収納しましょう。

特に耳穴式のタイプの補聴器には内部に湿気がたまりやすいので、

乾燥剤を使用して乾燥させることが効果的です。

 

【販売専門店で点検をお願いしよう】

使用していると補聴器の内部に「汗、湿気、耳垢」がたまってくるので、数か月に1回は

内部の分解のクリーニングを依頼するといいと思います。

補聴器の内部の精密な部分も数年に一度は正しく作動するか点検してもらいましょう。

専門家にしっかりメンテナンスしてもらうことは、補聴器を正しく長く使用できることにつながります。

 

補聴器に頼らず難聴を改善するなら美聴泉


にほんブログ村 病気ブログ 難聴・聴覚障害へ ブログランキング・にほんブログ村へ
コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

*

トラックバックURL