【補聴器のQ&A】補聴器のメーカーによる差はあるの!?

2014.6.6|補聴器選びのよくある質問

このエントリーをはてなブックマークに追加

syuuon

補聴器は、日本でも世界的に有名なメーカーの機器が販売されています。

補聴器は専門知識の必要な精密機器なので、

購入するときは専門販売員のアドバイスを受けることが多いと思います。

では、メーカーによって違いがあるのでしょうか。

【世界6大補聴器メーカー】

欧米には「世界6大補聴器メーカー」と呼ばれる世界的にも有名な補聴器メーカーがあります。

 

ワイデックス(デンマーク)

デンマークの補聴器専門メーカー

 

ジーエヌリサウンド (デンマーク)

世界80カ国以上に販売網をもつ世界的補聴器メーカー

 

オーティコン(デンマーク)

創立100年を超えるデンマークのメーカー

 

シーメンス(ドイツ)

環境先進国ドイツで生まれた世界最大級の総合電機メーカー

 

スターキー(アメリカ)

アメリカ大統領に愛用された補聴器メーカー

 

フォナック(スイス)

100ヵ国以上で利用されているデジタル補聴器のグローバルブランド

 

欧米を中心に世界的な補聴器メーカーが多くあります。

日本企業もリオンやパナソニック、オムロンなどがありますが、

世界的なシェアではまだ上位企業に追いついていない状況です

【補聴器はメーカーによって差があるのか?】

各メーカーのHPを見ても、素人には良く分かりません。

大切なことは、自分の聴こえずらさを一番解消してくれること、

生活スタイルに合った機器を選ぶことだと思います。

各メーカーとも、様々な形式の補聴器を発売しています。

補聴器販売店によって、取り扱っているメーカーが違うこともあります。

もし希望のメーカーや機種が決まっている場合であれば、

販売店に問い合わせてから訪れることをおすすめします。

自分に一番合った補聴器を探しだすコツは、専門医や補聴器を使用している友人などに

信頼できる補聴器販売専門店を紹介してもらうことや、

ネットや広告などの情報でお店を選んだりすることだと思います。

購入前にレンタルで試すことができるお店も増えてきているので、

どれにしようか迷った場合は利用してみてはいかがでしょうか。

補聴器に頼らず難聴を改善するなら美聴泉


にほんブログ村 病気ブログ 難聴・聴覚障害へ ブログランキング・にほんブログ村へ
コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

*

トラックバックURL