【補聴器のQ&A】補聴器の一般的な操作方法とは

2014.6.6|補聴器選びのよくある質問

このエントリーをはてなブックマークに追加

hotyouki

耳鼻科専門医から、補聴器の使用を勧められた時、

まずは補聴器販売専門店に行くことになるでしょう。

そのような相談から購入、補聴器の調節から実際に使用するまでなど

一連の流れがどのようになっているのかを考えたいと思います。

補聴器選び】

多くは専門医に補聴器の使用を勧められ、

補聴器専門店へ行き 補聴器の専門店員(補聴器フィッター)へ相談するところから始まります。

耳の聞こえにくさや現在の生活のスタイルなど、様々なことをこの時点で相談するとよいようです。

次に補聴器の聴力の調整のデータを取るために、聴力検査が行われます。

そして、いよいよ補聴器選びです。

基準となるのは、聴力のレベル、使用環境、そして予算も選ぶときには大切になってきます。

聴力の状況に応じ、障害者の判定を受けている場合、

補聴器購入の補助を受けられる場合があるので 事前に調べておくといいと思います。

数あるタイプの中から補聴器フィッターが自分に合ったものを選んでくれるでしょう。

 

【補聴器の操作方法は?】

補聴器が決まって、使用するときの調整(フィッティング)は、

購入した販売専門店で行ってもらえます。

毎日使用するものですから、使用する人が聞き取りやすくて疲れにくいように

補聴器フィッターに音のバランスを調整してもらうことがとても大事です。

補聴器の調整の時には、使用法や注意点等をちゃんと教えてもらうことが大切です。

では普通、補聴器を操作するにはどうしたら良いのでしょう。

主な操作は、次の通りで非常にシンプルで簡単です。

1.耳への取り付け・取り外し

2.電池の入れ替え

3.本体スイッチの調整・操作

4.音量の操作

心地の良い音のために、自分でも音量調整できるように購入時に確認しておくことが大切です。

補聴器に頼らず難聴を改善するなら美聴泉


にほんブログ村 病気ブログ 難聴・聴覚障害へ ブログランキング・にほんブログ村へ
コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

*

トラックバックURL