補聴器の種類【耳かけ型】のメリットとデメリット とは?

2014.3.9|補聴器の種類

このエントリーをはてなブックマークに追加

mimikake

補聴器を選ぶ際、様々な種類がありどれが良いか迷ってしまいますが、イヤホンが苦手な人、耳の中に外耳炎などの病気を患っている人や耳の穴の大きさや形に特徴がある人にとって外耳道の中に入れるタイプの耳穴型などはどうしても抵抗があり、入れることによって余計痒みや痛みなどを伴う可能性があります。

 

補聴器には耳穴型の他にも耳かけ型という、耳にかけて使用する実にシンプルな補聴器も存在します。
耳にかけるだけで見た目も目立ちにくいのが特徴で、補聴器は何だか老人がするイメージがあり恥ずかしいと悩んでいる人でも、最近ではかわいい物や、スタイリッシュな物、カラフルな物などデザインの種類も豊富なため、若い人でも楽しみながら使用することができます。

 

また耳鳴りの症状を和らげてくれたり、軽度から高度の難聴の人にも臨機応変に対応できるのが耳かけ型補聴器の最大の魅力とも言えます。

 

ただし、耳の裏で外部に装着するという点から、汗をかいた時などは注意が必要です。
また小さなチップを耳の内部に取り付けるなど少々細かい作業になるため取り扱える人でないと装着するのが難しいということや、通常電話をする際に電話が耳にあたる部分が装着部分となるため、うっかりぶつかってしまい無くしてしまったり壊れてしまったというデメリットもあるようです。

耳かけ型は現在人気の形とも言えますが、ポイントとして耳の症状が耳かけ型補聴器にきちんと適合していることだけでなく、必ず自分で装着、管理できることが大切です。

補聴器に頼らず難聴を改善するなら美聴泉


にほんブログ村 病気ブログ 難聴・聴覚障害へ ブログランキング・にほんブログ村へ
コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

*

トラックバックURL