【補聴器の疑問】補聴器を付けると難聴が悪化するの?

2014.6.12|補聴器選びのよくある質問

このエントリーをはてなブックマークに追加

hotyouki

【そもそも難聴とは?】

難聴とは、聴覚が低下した状態のことです。

難聴は、聴覚障害者として認定されることもあるので、

どの程度聞こえるかの厳格な判定をする聴覚検査を

耳鼻咽喉科を受けることができます。

難聴の種類は、病気・障害の原因や部位によって、

伝音性難聴と感音性難聴に大きく分けられます。

生まれた時から難聴を患う人もいれば、

大人になってからの病気や高齢が原因で難聴になる方もいます。

 

【難聴になったら必ず補聴器をつけるのか?】

まず、聞こえづらさの原因を特定するために、

耳鼻科で詳細な検査を受けることが必要です。

治療で難聴が治まる場合は補聴器をつけなくて済むことがありますが、

検査して専門医から補聴器の使用を勧められた時には、

日々の生活の煩わしさを解消するために、使用を考える方も多いと思います。

補聴器は難聴の度合いや種類などに対応できるよう様々な機器が発売されています。

 

【補聴器は難聴を悪化させる?】

補聴器は、薬事法上管理医療機器と指定されていて、

購入する時には一人一人に合った調整をしてもらう必要があります。

専門医のちゃんとした検査を受け、補聴器の販売店などで正しく調整してもらい、

自分に合った補聴器を購入してつけているならば、

補聴器によって難聴が悪化することはほとんどありません。

補聴器をつけずにいると、聴覚による脳への刺激が低下してしまい、

難聴を悪化させてしまうケースもあるようです。

また、補聴器販売店で正しく調整をせずに使ったり、

通信販売で購入して自己判断で使用してしまうと、

聴覚に異常をきたす恐れがあるので、気をつけた方がいいでしょう。

補聴器に頼らず難聴を改善するなら美聴泉


にほんブログ村 病気ブログ 難聴・聴覚障害へ ブログランキング・にほんブログ村へ
コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

*

トラックバックURL