補聴器の種類【ポケット型】のメリットとデメリット とは?

2014.3.9|補聴器の種類

このエントリーをはてなブックマークに追加

pocket

補聴器というと耳穴タイプと耳かけタイプを連想する人がほとんどですが、ポケット型の補聴器という補聴器も存在します。

 

ポケット型と聞いてコンパクトで小さいのかと連想しますが、ポケット型とは名前の通りポケットに本体を入れ、コードタイプのイヤーホンを耳に装着して使用するという意味の補聴器です。

使用する用途として老眼鏡のように聞き取りたい音がある時ににだけ使用する人もいます。

 

普段会話するのにはそれほど困らないけれど、会議や仕事中にお客様とコミュニケーションをとったりする大事なシーンの時だけなど、ちょっとした時に使いたいと考える人がよく利用している傾向にあるようです。
そんなポケット式の補聴器のメリットは価格も購入しやすい価格だということで、補聴器の中でも安く、どんなタイプの人でも気軽に手に入れやすい所でもあります。

 

従来の補聴器は非常に高価でありなかなかてが出せないイメージでしたが、今では様々な種類増えてきておりアナログで使い方もシンプルなポケット型補聴器は購入しやすくなりました。

また電池の大きさも単3電池で非常に長く使用でき、年配の人でも交換しやすくなっています。
デザインもまるで補聴器には見えないようなものも多くあり、まるで音楽を聴いているようにしか見えないのもポケット型の良い所だと言えます。

 

デメリットをあげれば、ポケットがないと首からかける工夫をしなければいけなかったり、コードが邪魔になり常に気をつかわなければいけないという点で、どうしても動きが制限されてします。

またマイクの搭載されている場所が耳の位置より下に本体にあるため、耳から直接聴くものとは異なってしまうことで感覚が掴みづらくなってしまいます。

 

このようにメリットやデメリットが存在しますが、都合に合わせて使えるポケット型補聴器は耳穴型や耳かけ型を持っている人でも、万が一の時用に持っているという人もたくさんいるようです。

補聴器に頼らず難聴を改善するなら美聴泉


にほんブログ村 病気ブログ 難聴・聴覚障害へ ブログランキング・にほんブログ村へ
コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

*

トラックバックURL