補聴器の雑音の原因と対策方法とは?

2014.8.23|補聴器の選び方 補聴器選びのよくある質問

このエントリーをはてなブックマークに追加

aaaaa

補聴器を多いのが、音はよく聞こえるけど、雑音がすごすぎて嫌だ。
ノイズが多くてよく聞こえない・・・等々、せっかく購入したのにお蔵入り・・・なんてこともあるそうです。

なお、一番多い雑音、ノイズが「ハウリング」と呼ばれる現象です。
この「ハウリング」と呼ばれる現象は、ピーッという音が聞こえてしまう事です。
皆さんの中でうるさかった方いますでしょうか?


いったいこのピーッという音、一体なにが原因なのでしょうか。

簡単に言うと、漏れ出した音の繰り返しによる増長です。
集音した音が漏れ、それをまた集音し、また洩れて集音して・・・を繰り返していった結果音がどんどん大きくなってピーッという音になるのです。

そう、原因は音の洩れから始まるのです。

なので、しっかりと音漏れが無いように耳穴に合った補聴器を選ぶことが雑音やノイズを防ぐことの大事な要素であります。

当たり前じゃんと思うかもしれませんが、
以外に見落としがちなのがこの音漏れです。

選ぶ際に音漏れしてないか同伴者に聞いてもらう事をお勧めします。
また、ちょっとだけボリュームを下げることも対策方法として若干の効果があるようなので、雑音やノイズがした場合は試してみましょう。

最後に。

とはいっても補聴器の雑音はその仕組み上どうしても発生してしまいます。
あくまで集音して音を拡大するのが補聴器なので要らない音まで集音してしまうのは当然の事なのです。

雑音雑音と気にしてしまう方は、まずは雑音でもいいのでつけたまま我慢してみましょう。
人間の耳と脳というのは不思議なもので、慣れてくると補聴器をつけたままでも大事な音声に注力して聴けるようになると言います。


色々と対策方法はありますが、一番は「慣れる」ことと言えるでしょう。




補聴器に頼らず難聴を改善するなら美聴泉


にほんブログ村 病気ブログ 難聴・聴覚障害へ ブログランキング・にほんブログ村へ
コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

*

トラックバックURL