補聴器のCICタイプってどんなタイプ?

2014.9.3|補聴器の種類

このエントリーをはてなブックマークに追加

cic

CICタイプは、補聴器の中で一番小さなモデルで、軽度から中度難聴の方におすすめです。
オーダーメイドで作られたシェルの中に、すべての電子部品が組み込まれています。

簡単に言うと全補聴器の中でも一番目立たない小さなモデル、それがCICタイプです。
耳穴の中に入れてしまうので、耳の中まで覗き込まないとみることが出来ません。
そのため、CICには目立たないという大きな利点があります。

もしかしたら誰ひとりとしてあなたが補聴器をつけていることに気付かないかもしれません。


また、このCICタイプは他にも色んなメリットがあります。

  • 風きり音が少ない
  • 電話を使用する際に気になりにくい
  • 眼鏡・サングラスの邪魔にならない
  • 帽子やヘルメットを使用する際に邪魔にならない

というメリットです。
特に帽子やヘルメットの邪魔にならないっていうのは非常に大きなメリットです。

仕事上どうしても帽子やヘルメットを被る必要のある方も多いとは思いますが、このCICタイプならその辺も安心ですね。

とはいってもこのCICタイプですがデメリットもあります。
それは価格が高いことです。

どうしても耳穴の大きさを考慮せざるを得ないので、オーダーメイドになってしまいます。
この為に価格が高くなりがちです。

また、少しですが充電の持ちも良くないです。
小さいCICタイプだからこそ、そんなに大きなバッテリーを積むことが出来ないのです。


とはいってもメリットだらけのCICタイプの補聴器。
一度試してみてはいかがでしょうか。


補聴器に頼らず難聴を改善するなら美聴泉


にほんブログ村 病気ブログ 難聴・聴覚障害へ ブログランキング・にほんブログ村へ
コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

*

トラックバックURL