補聴器の平均的なお値段・価格は?

2014.3.9|補聴器の選び方 補聴器選びのよくある質問

このエントリーをはてなブックマークに追加

kakaku

補聴器を購入する際に気になるのはお値段価格で、高い買い物になるため出来れば失敗したくないと誰もが考えます。

 

難聴の人にとって体の一部になるといっても過言ではない補聴器は、タイプが三種類あり価格も数万の物から数十万のものまであるため、初めて購入する人にとっては実に大きな決断の上での購入になると言えます。

 

だからといって、高いから良いものということは言い切れないため、値段に関係なく一番は自分の耳にあったものを選ぶことが大切と言えるでしょう。
補聴器の価格の平均を見てみると種類によって随分異なってきます。

 

耳穴型補聴器は基本的にはオーダーメイドですが、既に作成されている物を購入するとおよそ7万円前後で、オーダーメイドした場合はあらかじめ使用する人の耳の形はもちろん、聴力や難聴の度合いなどカウンセリングした上で作成されるため、値段は10万程度から35万円程になると言われています。

 

次に耳かけ型の補聴器は耳の外部に装着して使用することができるため、どんな人でも耳にかけることが出来れば装着可能であることから形などをカウンセリングする耳穴型とは違いオーダーメイドの必要がありません。値段は7万から30万円前後で耳穴型よりは若干安く価格設定されており、購入しやすくなってきています。

 

最後にポケットに入れてイヤホンを装着するポケット型補聴器は、耳穴型や耳かけ型のデジタルタイプとは違いアナログタイプの補聴器で、オーダーメイド無しで簡易的に誰もが使用できるという利点があります。値段もデジタルタイプの三分の一から二分の一程度で、およそ3万円程度から高くても10万円以内で購入できる物が現時点で存在しています。

 

これらの値段や種類を比較し、自分の耳と適合させることが良い補聴器を購入できる極意でもあります。

補聴器に頼らず難聴を改善するなら美聴泉


にほんブログ村 病気ブログ 難聴・聴覚障害へ ブログランキング・にほんブログ村へ
コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

*

トラックバックURL