安心? 通信販売で補聴器を購入するメリットとデメリット。

2014.3.9|補聴器の選び方 補聴器選びのよくある質問

このエントリーをはてなブックマークに追加

tuuhan

補聴器を購入する際、突然お店に入って見るのも何だか売り付けられそうで心配という人も多くいます。

 

最近ではインターネットで調べることもできるため、下調べだけのつもりが実際にお店にいく手間や値段を考えると、通販の方がお得で安く購入できるということで結果的に通販で買って失敗したという人も少なくはありません。

 

国民生活センターから例として通信販売で購入する際の安全性や適合性について事例が発表されましたが、まだまだ知れ渡っていない情報でもあり、初めて購入する人やインターネットをあまり利用しない人にとってはそういった情報収集が掴みにくいのも現状です。

通信販売で販売されている有名なメーカーをいくつか集め、試験的に利用した上でのメリットやデメリットを見てみると、 メリットは物によってきちんとした補聴器もあり、普段使いとして使用でき価格も安く、従来の補聴器は高いというイメージを覆すといってもおかしくないくらい、購入しやすくなっているということです。

 

不況がつづく社会の中で、経済的にも高額であると正直手が出しずらいのが消費者の本音でもあります。

 

そんな消費者にとって低価格な補聴器であれば、購入を検討してみるきっかけともなるようです。

 

しかしデメリットをあげれば出力音が非常に大きく、使い続けると耳にはあまり良くないと評価される物や、会話より雑音ばかりが入り込んでしまう物、ひどいものでは法に背いた記載がされる表示があったりする物など、実際に手にとって商品を見れない分、危険なデメリットもたくさん潜んでいます。

このような結果から値段が安くて安心して使用でき、自分にあっている物を探すのは実に難しいといえます。

医師やアドバイザーに相談した上で、きちんとしたお店を選らんで購入することが大切だということはいずれの購入方法でも必ず頭に入れときたいポイントです。

補聴器に頼らず難聴を改善するなら美聴泉


にほんブログ村 病気ブログ 難聴・聴覚障害へ ブログランキング・にほんブログ村へ
コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

*

トラックバックURL