補聴器の種類【デジタル式】のメリットとデメリット とは?

2014.3.9|補聴器の種類 補聴器の選び方

このエントリーをはてなブックマークに追加

dejitaru

時計やテレビにアナログやデジタルが存在するように補聴器もアナログ式とデジタル式があります。
近年ではデジタル式の種類も益々増えており、これまでの補聴器から少しずつ技術の進歩もあり、快適に利用することが出来るようになってきています。

 

デジタル式補聴器の特徴は、人の会話や日常的な音など、全部の音が大きく聞こえるアナログ式とは対照的に、聞きたい音のみがピックアップされ耳に伝えることができます。

 

また難聴でも軽い症状の人から一般的な難聴の人までは対応出来るため、幅広い人が使用できるようになっています。
補聴器自体の形も耳の穴に入れ込む耳穴型や耳の裏にかける耳かけ型があり、大きさも小さく、コードが必要ないタイプが多いことから身動きしやすいのもまた魅力的です。

 

価格はアナログ式に比べて高く設定されていますが、技術の発展により今後益々良い補聴器か開発されていくことが期待されており、さらに注目されるとものと予想されます。

技術といっても一見難しそうでが、機械やパソコンなどに繋ぐことで、周波数や音量など細かい部分まで調節できます。

 

また大きな音のみをピックアップする働きは、続けて発する雑音の周波を機械が感知し、自然と抑えることで聞きたい音を浮き立たせる仕組みになっています。

そのため自分で調節できる人ではないと扱いきれないという欠点もあります。
事前に分かっている仕事のミーティングやプライベートの予定など、シチュエーションに合わせてあらかじめ設定しておくことが、うまく使いこなすコツであり補聴器の新しいスタイルとも言えます。

 

 

補聴器に頼らず難聴を改善するなら美聴泉


にほんブログ村 病気ブログ 難聴・聴覚障害へ ブログランキング・にほんブログ村へ
コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

*

トラックバックURL