補聴器の基本的な選び方。3つのポイントとは?

2014.3.9|補聴器の選び方

このエントリーをはてなブックマークに追加

erabikata

海外と比較しても、日本では補聴器に対して抵抗ある人がまだまだ多いようで、選び方などもわからなかったり購入するのは今回が初めてという人ばかりなのではないでしょうか。

 

選ぶ際もなるべくなら安心して長く使えるものを選びたいと考えますが、 信頼性のあるお店をみつけたり、自分にフィットするもの、丈夫で長く使えるものをみつけるにはどうしたらよいか、補聴器の選び方は基本的な方法としてはいくつかのポイントがあります。

 

一つは自分の聴力が補聴器の機能とちゃんとマッチするかどうかという点です。
補聴器にもメーカーが存在しますが、お店のオススメ品だから、安心できるメーカーだからと言って選ぶのは後々後悔する結果となります。
売り込む側としては良い面ばかり宣伝するのは当たり前であり、不良品ではない限り、たとえ製品自体に悪い面があったとしても、本人との相性や手入れが悪かったと言われてしまえば何も言い返せません。


眼鏡やコンタクトを作るときも視力に合わせたもので見ていて気持ち悪くならないか、痛くならないかということが選ぶ上で当たり前なことのように、補聴器も自分が既に存在する製品を選ぶのではなく、自分に合わせた製品を作ってもらうことが一番良い製品だと言えるでしょう。

 

また自分に合わせる補聴器選びということで、聴力の相性だけでなく、耳の症状や耳の形もきちんと考えることが大切です。
一般的な難聴や怪我や病気などから影響して聞こえが悪くなったなど、人により使用する事情や目的も違ってきます。

 

 

また耳の穴の形も入れ歯と同様、人により全く違いますので、自分の耳に対応していないとポロリと落ちてしまうこともあります。
自分の身体を考え、時間をかけて作ってもらうことが、一番やさしい補聴器の基本的な選び方だと言えるでしょう。

 

補聴器に頼らず難聴を改善するなら美聴泉


にほんブログ村 病気ブログ 難聴・聴覚障害へ ブログランキング・にほんブログ村へ
コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

*

トラックバックURL