補聴器の種類【耳穴型】のメリットとデメリット とは?

2014.3.9|補聴器の種類

このエントリーをはてなブックマークに追加

hotyoki

子供の頃、ベージュ色の補聴器を耳の穴につめている人をみて、何をつめているんだろうと疑問に思ったことがあるかと思いますが、これは耳穴型という種類の補聴器です。

 

耳の穴につめていてきちんと音が聴こえるのかという疑問をもつ人が大勢いますが、耳穴型は今では補聴器の中でも基本的な形であり、音もしっかり聴こえます。
極端に耳穴型と言っても種類があり、難聴の度合いや耳の形によって自分の耳に一番合うものをチョイスすることが出来ます。

 

基本的にはCIC型、フルサイズ型、カナル型の三種類が存在しますがそれぞれにメリットやデメリットもあります。

 

CIC型は非常に小さく、難聴の症状としては軽度または中度の人向けとされており、実際につけても耳穴の中では一番目立ちにくく、若者や女の人向けだというメリットがあります。
しかし軽度または中度までの人向けなので、初めは症状が軽かったとしても、後々変わってきてしまった場合に使えなくなってしまうというデメリットもあります。

 

フルサイズは症状が重い人に対応しているため、性能はその分しっかりしていますが、見た目としては大きく目立ちやすいのが欠点でもあります。
カナル型は軽度用から高度用まで種類もたくさんあるものの、外耳道にはめ込むと小さくて自分の言葉が内側に入り込むることがあります。

耳穴型を選ぶ際は症状の度合いや耳に直接はめることで不快に感じたり痛くなったりしないものを見極める必要があります。

補聴器に頼らず難聴を改善するなら美聴泉


にほんブログ村 病気ブログ 難聴・聴覚障害へ ブログランキング・にほんブログ村へ
コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

*

トラックバックURL