装着しているのが分かりにくい補聴器ってあるの

2014.6.4|補聴器選びのよくある質問

このエントリーをはてなブックマークに追加

hotyoki

補聴器の型式や種類】

補聴器には、大きく分けて次の種類があります。

・ポケット型補聴器-箱型補聴器と呼ばれ、補聴器の開発当初からある形式。

・耳かけ型補聴器-耳の後ろにかけるタイプの補聴器。

・耳穴型補聴器-耳あな型は、耳のあな(外耳道)の中に装用する補聴器

 

今の補聴器の多くは、昔と比べると非常に小型化され、身に付けても目立たないようになっています。

そのなかでも、装着が目立たないタイプとして紹介されているものがいくつかありました。

オーダーメイドで作る耳穴式の極小タイプは、耳あなの奥に装着するため、ほとんど気付かれることはないようです。

耳穴式は耳の中に入れて使うため、基本的には装着がわかりにくい補聴器として紹介しているところが多いようです。

耳かけ式補聴器でも、耳の後ろにかける補聴器本体が小さくなり、耳の後ろに隠れる小さなタイプがあります。

耳の穴に入る細いチューブでつながった極小スピーカーも目立ちにくいとして紹介されています。

 

【なぜ目立ちにくい補聴器が好まれるのか】

日本において補聴器の普及率は大変低い状況にあります。

聴覚の低下を感じつつも、専門医の診療など適切に対処するまで何年も放置している方が多いようです。

その理由の一つに、高齢による「聞こえの低下」があげられます。

聞こえづらさが年々進行する場合は、本人が聞こえにくさを自覚していないのかもしれません。

また、「補聴器をつけていると目立つ」「聞こえづらさを知られたくない」という外見上のイメージを

懸念している方や、「補聴器は雑音がうるさくてあまり役に立たない」といった間違った情報を

信用している方も多いのが実情です。

補聴器メーカー各社は、「装着しているのが分かりにくい補聴器」を開発することにより、

多くの人が抱える補聴器に対する悪いイメージを解消しようとしています。

多くの人が補聴器のことを正しく理解し、必要な方のもとに手軽に普及していくことが望まれます。

 

補聴器に頼らず難聴を改善するなら美聴泉


にほんブログ村 病気ブログ 難聴・聴覚障害へ ブログランキング・にほんブログ村へ
コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

*

トラックバックURL